つじむら酒店、店舗移転のお知らせ



いつも当店をご愛顧頂き誠にありがとうございます。

例年とは違う特別な夏も9月に入り、そろそろ終わりが近づいて参りました。
コロナ禍で大変な中とは存じますが当店より皆様にご報告がございます。

すでに地元紙などの報道でご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが
この度つじむら酒店は、青森市青柳へ店舗を移転する事といたしました。

それに伴い現在の店舗での営業は2020年12月31日で終了させて頂きます。

この決断に至るまでには様々な葛藤がありました。
出来る事ならば生まれ育ったこの地を離れたくはないと。
また現在、様々なリスクがある事も十分承知しております。

しかし、私には心に決めた使命があります。
それは「もっと多くの方に日本酒の楽しさを知ってほしい」という事。

現在でも日本全国には1400の酒蔵が存在し、1万以上の銘柄が存在します。
普通であれば出会うことなく一生を終えてしまう銘柄が圧倒的多数です。
知っている銘柄だけではなく、様々な銘柄との出会いを楽しんでほしい。
一つでも多くの銘柄と出会い人生を豊かな、楽しいものにしてほしい。

また日本酒に馴染みのない若い皆さんに、もっともっと日本酒に親しんでほしい。
どんな銘柄を飲めばいいのか?どんな味わいをどんなシーンで飲めばいいのか?
そんな様々な不安から一歩が踏み出せない、そんな皆さんに楽しく銘柄に触れてもらいたい。

そう考えた時、遠方から当店まで足を運んでもらうのではなく、
こちらの方から皆さんの懐に飛び込んで行くべきなんじゃないかと。

「今日ちょっとこの銘柄を飲んでみたいな!」
この気持ちの賞味期限は案外短いものです。
会社帰りや空いた時間に気軽に足を運んでもらえれば・・・。

青森市は役所や様々な機関が集まる県庁所在地。
県内のいたるところから足を運ぶ機会も多い土地柄ですので
ご来店頂く際の「気持ちのハードル」もグッと下がるのではないかと思います。

今後は様々なイベントを企画したり、異業種の皆さんとの
コラボも積極的に行っていきたいと考えております。

生まれ育った平内町への恩返しですが、何も地元に居なければ
出来ない訳ではありません。地元特産品やイベント、観光の情報など、
今よりも人の行き来が多い場所だからこそ、情報発信の効果もまた
違った形で出てくるのではないかと考えております。

今まで実行に移せずにいた構想のストックは山ほどあります。
今まで立地を考え扱うのを考慮していた銘柄も沢山あります。

またワイン、本格焼酎、地場のおつまみや飲料品、酒器等々
今まで以上にこだわったもの(単に自分が惚れこんだもの)を
皆さんにご案内していきたいと思っております。

現在の店舗までなかなか足を運んで頂けなかったのは
ひとえに、私自身の力不足に他なりません。
距離をも凌駕する魅力を、とうとう得る事が出来ませんでした。

新しい店舗はみんなが楽しく集えるお店を目指して、そして何より
自らが楽しんで商売が出来るお店を目指します。
これからより多くの皆さんと、泣いたり、笑ったり、
楽しんだりできる場所にしたいと思います。

つじむら酒店の新たな挑戦を、是非とも応援して頂ければ幸いです。

現在の店舗での営業は本年12月31日までとなります。
新店舗での営業開始は2021年2月頃を予定しております。

詳しいオープンの日程が決まりましたら当店ブログや
Facebookなどでお知らせさせて頂きます。

以上お知らせでした。
今後とも当店をよろしくお願いを申し上げます。

つじむら酒店
代表 辻村 大

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です