結(ゆい) 純米大吟醸 赤磐雄町 金賞受賞酒


大快挙を成し遂げた結が入荷(゚Д゚)


結(ゆい) 純米大吟醸 赤磐雄町 平成29年全国新酒鑑評会 金賞受賞酒

全国新酒鑑評会には現在でも多くの蔵元が山田錦を用いた大吟醸を出品しています。
そんな中、今年の造りで6年目、結城酒造の浦里美智子杜氏が大快挙を成し遂げました!

雄町での純米で全国新酒鑑評会で金賞受賞は全国初の快挙です\(^o^)/

美智子杜氏については下記を参照くださいw
——————————————————————————————————

代表銘柄『結-ゆい-』を醸すのは浦里美智子杜氏、女性杜氏さんです。

なんと美智子さんは蔵元の浦里昌明さんの奥様!
純粋培養、生まれてこの方酒蔵育ちの娘さんって訳じゃあ無いんです。
たまたま嫁に行った先が日本酒の蔵元だったという、ただそれだけなんです(笑)

実は美智子様、蔵に嫁に来る前はあまり日本酒が好きではなかったそうです。

巷に出回っている大量生産される日本酒はどうも面白くない、
というか美味しくない。

そんな中、たまたま口にした大吟醸の味わいに感動!

ご結婚されてから数年は仕込みの手伝いをしていたそうなのですがその中で
いろいろ気づく事、やってみたい事などいろいろ出てきちゃったみたいで。

モンモンとした日々を送っていた(笑)数年前、夏場に開催された県の酒造研修に参加し技術指導の先生に吟醸造りを学び『いっちょタンク一本仕込んでみるか!』と決意。
お子様が保育園に通いだしたのをきっかけに本格的に杜氏デビューを果たしました。

——————————————————————————————————

大きな蔵元さんが金賞を受賞する事に関しては人員の面や設備の面などを考えるとまぁ取って当たり前とは言いませんがそれ程困難とは言い難いモノがあるかなと思います。(個人的感想)

しかし結城酒造さんの様にほぼ夫婦お二人で酒造りをしている様な小さな蔵元さんが受賞する事に関してはもう本当に手放しで喜ばしい事なんです!!!!

ふわりと広がるライチやイチゴを連想させる香り。
トゲの無いシルクのような舌触り、透明感がありながら艶やかでめらかな旨み。
ボリューム感、余韻、綺麗さがマッチした極上の味わいが楽しめます(^o^)

飲み手を選ばない飲みやすさ、そして円筒形の素敵な化粧箱に入っておりますのでこれからの季節贈答品としてもおすすめです!

もちろん自分用にも最高の一本です(^o^)/

結(ゆい) 純米大吟醸 赤磐雄町 平成29年全国新酒鑑評会 金賞受賞酒
720ml:5,400円(税込み)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です