結(ゆい) みちこの袋吊り (袋吊りとは?)


袋吊りは首吊りと呼ばれることもあったそうです(((´・ω・`;)))

 

日本酒は米、米麹、水をタンクの中でまぜまぜして発酵させた
「もろみ」を濾した(搾った)ものという事はもうすでにご存じかと思います。

ではもろみはどうやって濾すのか?

多くの酒蔵では「薮田(やぶた)」と呼ばれる装置を使っています。
画像は松緑酒造さんの薮田

これ、初心者の頃はこの装置自体が薮田というものだと思ってましたが実は

「薮田式自動醪搾機」という薮田社製の圧搾装置なんです。

だって酒蔵さんはまったくもって当たり前にこれを「薮田です~」って
説明するもんでこっちは「へぇ~、これが薮田か~」ってなっちゃう
当然の流れが出来上がっちゃってるんですよ(笑)

他社製品を使っている蔵元も多くありますが、業界では
「日本酒を搾る装置=薮田」でまず通じるのではないかと思います。

この装置は無数に見えるパネルに中にもろみが送られエアーの力で圧を掛ける事で
透明な日本酒が流れ出てくる仕組みとなっております。
パネル内には板状になった酒粕が残されます。

こちらの利点はなんといっても「早く搾れる」というところ。
日本酒は空気に触れるとその時点から酸化が進みます。
短時間で搾る事でフレッシュさを保ったまま製品化が出来るんです。

 

この他に昔ながらの搾り方で「槽搾り(ふねしぼり)」という手法もあります。

画像は竹浪酒造店さん

こちらは布などで出来た酒袋の中にもろみを入れ互い違いに積み上げたのち
上から圧力を掛けて搾る方法です。

上記の薮田に比べると倍以上の時間が掛かるものの、やさしい口当たりの
日本酒に仕上がる事が多いようです。

仕上がりの好みなどであえてこちらを選択する蔵元も少なくありません。

槽と書いて「ふね」と呼ぶ事から昔はこの搾りの責任者を「船頭」と言いました。

 

さて、ようやく「袋吊り」です! (画像が無いのでこちらを参照)

こちらは槽搾りでも使用される酒袋にもろみを詰める所までは同じですが
これをステンレスなどで出来た大きな容器の上に紐などで一つ一つ吊していきます。

圧力は一切掛けず自然に滴り落ちてきたものだけを採取、瓶詰めします。

薮田、槽搾りに比べて圧倒的に時間が掛かり、尚且つ採取できる量が
極端に少ない非常に効率の悪い方法と言えるのではないでしょうか。

しかし、この搾り方で採取された日本酒は余計な圧力が掛からないため
ストレスフリーで雑味が少なく、非常に綺麗な味わいになります。
そのため、この方法が用いられる特定名称は大吟醸、純米大吟醸などが
圧倒的多数でしかも品評会出品酒など特別なお酒に用いられる事が殆どです!

ここからは個人の感想なのですが、袋吊りで採取された日本酒は味のノリが
やや後半に来るように思えます。

これは圧力を掛けずに搾る事から旨みなどに関わる様々な成分が出にくい
からなのではないかと考えます。その分味わいが澄んでいるとも言えるのではないでしょうか?

ですので袋吊りで搾られたお酒は開栓後、すぐに飲み切ってしまうのではなく
時間の経過で徐々に移ろいゆく味わいを楽しむのに打ってつけの銘柄と言えるのではないかと思います(・ω・)

薮田⇒早く搾れる、採取できる量も多く、旨み成分もしっかり抽出できる
槽搾り⇒時間は掛かるもののやさしくまろやかな味わいになる
袋吊り⇒採取量は少なく時間は掛かるもののクリアな部分のみ抽出できる

ざっと挙げるとこんな感じでしょうか!

という事で長々と講釈を垂れ流して参りましたが今回ご案内するお酒はこちら!

結(ゆい) 純米吟醸 まっしぐら みちこの袋吊り 無濾過生原酒

結城酒造さんは茨城県結城市にある小さな酒蔵さん。
杜氏を勤める浦里美智子さんは蔵元である昌明さんの奥様、
つまり純粋培養の酒蔵育ちという訳ではないんです。

蔵に嫁いでしばらくは仕込みの手伝いなどをしていたそうですが
その中で気付く事、やってみたい事などいろいろと考えが膨らんでいったそうです。

モンモンとした日々を送っていたある日、茨城県の酒造研修に参加する事に。
そこで技術指導の先生に吟醸造りを学び、ますます酒造りにのめり込んでいきます。
そしてお子様が保育園に通いだしたのをきっかけに本格的に杜氏デビューを果たしました。

こちらのお酒に使用されているのは青森県産の食米「まっしぐら」
まっしぐらは美智子さんがデビュー当時から使っているお米で、こちらを用いた
純米吟醸は通常は圧搾機を使い搾られるのですが今回、当店のために特別に
袋吊りで搾っていただき製品化と相成りました!!

雑味の無いクリアな味わいと共に、柔らかく広がる旨みをご堪能いただけます。
また、搾られた直後の今はまだいわゆる「つぼみ」の状態。
開栓後、徐々に艶やかで上品な味わいに変化していくのも味わいポイントです!

今年は40本の限定、飲食店さんにもご案内させて頂いておりますので
無くなり次第終了となります。

また美智子さんいわく「通常の結 純米吟醸 まっしぐら 亀口直汲み 無濾過生原酒との飲みくらべも面白いですよ~」との事。

ご注文の際には「結 純米吟醸 まっしぐら 亀口直汲み 無濾過生原酒」との併せ買いも是非ともご検討ください(^o^)/
結(ゆい) 純米吟醸 まっしぐら みちこの袋吊り 無濾過生原酒
1800ml:3,564円(税込み)

結(ゆい) 純米吟醸 まっしぐら うすにごり無濾過生原酒


結(ゆい) 純米吟醸 まっしぐら うすにごり無濾過生原酒入荷しました!

青森県産米「まっしぐら」を使用!華やかな香りとマンゴーなどを思わせる濃厚な果実感。

 

冷やも良いですが夏はロックがオススメ!

つじむら酒店でお買い求めください(^-^)

結(ゆい) 純米吟醸まっしぐら 袋吊り無濾過生原酒


今年も結(ゆい) まっしぐら
袋吊斗瓶取りがクルー\(^o^)/

結(ゆい) 純米吟醸まっしぐら 袋吊斗瓶取り無濾過生原酒

青森県産「まっしぐら」を使用していただいているご縁から
昨年よりつじむら酒店限定で企していただいております限定酒が今年も発売決定!

当店が結城酒造さんとお取引をする切っ掛けとなったのがこちらの
まっしぐらを使用した純米吟醸です。

なぜ青森の?しかも食米を?そんな疑問を抱きつつ当時の私は蔵の門を叩きました。

杜氏の浦里美智子さんにお聞きしたところ、杜氏の任に就く際に
お米屋さんからまっしぐらを紹介され直観で使いやすそうと感じたそうです。

まっしぐらについてはこちらをご覧ください。

青森県でもまっしぐらは日本酒造りに広く用いられております。
ですがその用途の多くは「掛米」として。
麹も含め100%で、しかも精米歩合50%の高精白で用いられることは殆どありません。

その味わいは食米で醸したとは思えない程の気品としっかりとした旨みを持った日本酒でした。私は浦里さんの人柄も含め即座にお取引をお願いしました。

結城酒造 杜氏 浦里美智子さん

という事で昨年に引き続き「あおもりリスペクト特別企画」という事でまっしぐらの袋吊斗瓶取りを今年も限定発売!!!

本数は限定80本!
(80本は確定本数ではございません。袋吊りは搾ってみなければどれくらいの本数分が取れるかわからない採取方法です。早期完売する恐れもございますのでご注文はお早めにお願いを申し上げます。)

皆様からのご注文を
心より雄町しております\(^o^)/

結(ゆい) 純米吟醸まっしぐら 袋吊斗瓶取り無濾過生原酒
容量:1800ml 価格:3,564円(税込み)

 

 

結(ゆい) 純米大吟醸 赤磐雄町 金賞受賞酒


大快挙を成し遂げた結が入荷(゚Д゚)


結(ゆい) 純米大吟醸 赤磐雄町 平成29年全国新酒鑑評会 金賞受賞酒

全国新酒鑑評会には現在でも多くの蔵元が山田錦を用いた大吟醸を出品しています。
そんな中、今年の造りで6年目、結城酒造の浦里美智子杜氏が大快挙を成し遂げました!

雄町での純米で全国新酒鑑評会で金賞受賞は全国初の快挙です\(^o^)/

美智子杜氏については下記を参照くださいw
——————————————————————————————————

代表銘柄『結-ゆい-』を醸すのは浦里美智子杜氏、女性杜氏さんです。

なんと美智子さんは蔵元の浦里昌明さんの奥様!
純粋培養、生まれてこの方酒蔵育ちの娘さんって訳じゃあ無いんです。
たまたま嫁に行った先が日本酒の蔵元だったという、ただそれだけなんです(笑)

実は美智子様、蔵に嫁に来る前はあまり日本酒が好きではなかったそうです。

巷に出回っている大量生産される日本酒はどうも面白くない、
というか美味しくない。

そんな中、たまたま口にした大吟醸の味わいに感動!

ご結婚されてから数年は仕込みの手伝いをしていたそうなのですがその中で
いろいろ気づく事、やってみたい事などいろいろ出てきちゃったみたいで。

モンモンとした日々を送っていた(笑)数年前、夏場に開催された県の酒造研修に参加し技術指導の先生に吟醸造りを学び『いっちょタンク一本仕込んでみるか!』と決意。
お子様が保育園に通いだしたのをきっかけに本格的に杜氏デビューを果たしました。

——————————————————————————————————

大きな蔵元さんが金賞を受賞する事に関しては人員の面や設備の面などを考えるとまぁ取って当たり前とは言いませんがそれ程困難とは言い難いモノがあるかなと思います。(個人的感想)

しかし結城酒造さんの様にほぼ夫婦お二人で酒造りをしている様な小さな蔵元さんが受賞する事に関してはもう本当に手放しで喜ばしい事なんです!!!!

ふわりと広がるライチやイチゴを連想させる香り。
トゲの無いシルクのような舌触り、透明感がありながら艶やかでめらかな旨み。
ボリューム感、余韻、綺麗さがマッチした極上の味わいが楽しめます(^o^)

飲み手を選ばない飲みやすさ、そして円筒形の素敵な化粧箱に入っておりますのでこれからの季節贈答品としてもおすすめです!

もちろん自分用にも最高の一本です(^o^)/

結(ゆい) 純米大吟醸 赤磐雄町 平成29年全国新酒鑑評会 金賞受賞酒
720ml:5,400円(税込み)

来福(らいふく) 純米生原酒 さくらの花酵母仕込み


 

これぞ花見に持って行くために
生まれた日本酒(´・ω・`)かも

 

 

 

 

rihk-hl-1来福酒造(茨城県筑西市)
来福 純米生原酒 さくらの花酵母仕込み

 

こちらは春限定出荷のさくら酵母仕込み!

東京農業大学短期大学の花酵母研究会が
実際の花から抽出、分離培養した花酵母を使用しています。

 

自然界には様々な場所に酵母が存在しています。
その中にはおよそ日本酒の仕込みには使えないような暴れん坊が居たり
その逆で驚くべき力を秘めたものが居たりとまだまだ可能性を秘めているんです。

花酵母研究会の取り組みはその中でも植物の「花」に着目し
日本酒造りに有益なものを見つけ出し育てる活動をしています。

 

 

rihk-hl-2
という事こちらの日本酒は実際の「桜の花」から抽出した酵母を使用しています。

 

やわらかくて軽やかな口当たり、度数の高さを感じさせませんね。
うっすらと絡むにごりの効果でほのか~にガスっぽいニュアンスが。

生酒特有のフルーティーな旨みも申し分なくみんなでワイワイ楽しめる味わいです。

来福酒造さんは様々な酒米に様々な花酵母を使用する事で
業界では有名な酒蔵さんです。

ほら、他にもこんなにいろんな銘柄があるんですよ!

rifk-ymd-rifk-ymdb-rifk-kmno-rifk-aiym-rihk-omc-n-

 

 

 

 

 

 

まずは春限定のこちらのさくら酵母仕込みを是非お楽しみください(^o^)
rihk-skr1来福 純米生原酒 さくらの花酵母仕込み
1800ml:2,862円 720ml:1,458円(共に税込み)

==================================================================

2017年3月のスケジュール

3月19日 定休日
3月20日 臨時休業


  
しばらくぶりにランキングに参加(笑)
ついでにポチッとお願いしますm(_ _)m

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
つじむら酒店は青森県の日本酒を中心に、
店主・辻村 大が 味わいに納得し、蔵元の姿勢に共感した
本当に飲んでもらいたい銘柄だけをおすすめさせていただいております。

青森の片田舎の小さな酒屋ですが、情熱を持って酒造りに取り組む
蔵元さんと共に歩み、同じ目線、同じ気持ちで全国に発信しております。

「つじむら酒店は夢と情熱で酒を醸す蔵元を応援しています!!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
青森の地酒 つじむら酒店
〒039-3321青森県東津軽郡平内町小湊73-2

TEL 017-755-2024 FAX 017-755-3791
e-mail info@sake-tsujimura.com
URL http://www.sake-tsujimura.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

結(ゆい) 純米大吟醸 いよいよ発売(^o^)


img_0205美智子様がお手持ちのこちら!

yui-dign720-1結(ゆい) 純米大吟醸

美智子様純米大吟醸初挑戦の逸品でございます(^o^)

そもそも美智子様が初めて醸したお米が『雄町』でした。
処女作である雄町の純米吟醸は一発目から大好評!

以来自信を深め、雄町は美智子様のマスト米となりました。

そんなこんなで満を持して昨年の冬、
雄町を使用した純米大吟醸が仕込まれたのでした。

yui-dignデラックスな筒状の箱入り、正に箱入り娘!
そう、大切な娘を嫁に出すようにこのお酒は出荷されたんです!

年末年始のおめでたい時期に、ご贈答用に、是非ともご検討くださいませ\(^o^)/

yui-dign720

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結(ゆい) 純米大吟醸 720ml:5,400円(税込み)
日本酒度±0  酸度1.4  アミノ1.0