正念場!二年目の「ましろ」


まいどさまで~すm(_ _)m

先日の投稿にてご案内させて頂きましたが、
昨年大好評をいただき僅か一週間で2000本が蔵元完売してしまった
秋田清酒謹醸「ましろ 生もと純米吟醸」を今年も発売いたします。


ましろってどんな日本酒なのさ?

ましろは北海道上磯郡知内町の農業家「帰山農園」さんが心血注いで育てた
ゆきさやかを使い、秋田県の酒造会社、秋田清酒㈱さんが醸す
生もと仕込みの純米吟醸です。華やかで落ち着きのある香り、透き通るような
口当たりと気品ある旨み、心地よい余韻をお楽しみいただけます。
日本酒通の方にはもちろん飲んで納得の味わい。
そして何より、普段日本酒を口にしないという方に是非とも、是非とも
お試しいただきたい一本です。

 

ゆきさやかってどんなお米なのさ?
2016年北海道の産地指定銘柄となったばかりの新しい北海道米で、道内でもまだ一部の農家しか作付していない希少なお米(食米)です。
辻村もよく頂いておりますが、さらりとした口当たりとしっかりとした旨み、
ふわっともちっと本当に美味しいお米です!

 

帰山農園さんってどんな農家さんなのさ?
帰山農園さんは「米愛」に満ち溢れた農家さん。
お米の事になると我を忘れてお話をされる正に「米バカ」(失礼(笑))
北海道米は本当は美味しいんだという事を知ってほしいとの想いから
減農薬、減化学肥料でゆめぴりか、ふっくりんこ、きたくりん、
そしてゆきさやかの四品種を育てています。

帰山農園・帰山ご夫妻

 

秋田清酒㈱さんってどんな酒蔵さんなのさ?
代表銘柄は「刈穂」「出羽鶴」「やまとしずく」
出羽鶴酒造株式会社(出羽鶴蔵)と刈穂酒造株式会社(刈穂蔵)で製造された
日本酒を瓶詰め、貯蔵、販売する言わば二つの蔵の親会社的存在。
今回当店が帰山農園さんをご紹介したところ、取り組み方針、米の質など
総合的に精査して頂いた結果、快く酒造りを引き受けてくださいました。
仕込みは秋田県オリジナルの「秋田流生酛仕込み」を採用。
昨年よりもさらに味わいの向上を目指し蔵元一丸となって
取り組んでいただいております。

秋田清酒㈱・伊藤洋平社長

いかがでしょうか?
ましろは米造りからから製造、販売まで
並々ならぬ「」のこもった銘柄でございます!

去年飲んだ方にはさらに向上した味わいを。
初めての方には我々チームましろの本気の味わいを
お楽しみいただきたいと思います。

お陰様で完売となりましたm(_ _)m

これはお酒です!当店では未成年への
お酒の販売はいたしません!

白神のだぐ第二弾 & 二年目の新生ましろ


まいどありがとうござま~すm(_ _)m

現在、当方ホームページはシステムの不調により
ご注文がいただけない状態となっております。

お手数をお掛けいたしますが商品のお問い合わせなどは
お電話ではなくメールフォームにてお願いを申し上げます。

さて、テレビを見ればコロナの話題ばかり!
ネガティブな話題ばかりが一方的に投げつけられます。

何もかもが心配になり、思考がストップしそうになる今日この頃。
こんな時だからこそ日常の中に喜びを見出して行かなくてはなりません!

様々なイベントが中止となり、飲食店さんにはキャンセルが相次いでいます。
消費が滞るという事は、自らの首を真綿で絞める事と変わりありません。

難しい、長い話はいたしません。
自分に出来る事は美味しいお酒をご紹介する事。
そのお酒で不安な日々に一筋の光を見出していただく事のみです!

さあ行きましょう、美味しいお酒の予約を受け付けます!

白神のだぐ 純米吟醸活性にごり酒
容量:1700ml 価格:3,300円(税込み)

今年社長の提案により発売する事となりました純米吟醸バージョンです!
定番のだぐと比較すると、ポイントはズバリ「吟醸香」

ああ、私は今米を飲んでいるんだ!

こんな充実感と共に鼻を抜ける華やかな吟醸香は
凝り固まった頭と肩の力をほぐし和らいだ時間をもたらしてくれます。
シュワシュワとした炭酸の刺激も飲み手を魅了するポイントの一つ。
酒蔵再建を目指す白神酒造の今を味わえる打ってつけの一本です!

予約は今月3月10日まで、入荷次第順次発送させて頂きます。

 

 

そして今回はもう一点!

 

北海道 × 秋田 (時々青森)の伝説の酒

ましろ 純米吟醸 生もと純米吟醸
容量:720ml 価格:1,815円(税込み)

昨年大好評をいただき、2000本が一週間ほどで完売してしまった幻の銘酒
今年も皆さまの喉を潤してくれます\(^o^)/

ましろについての詳しい内容は昨年の記事をご覧ください!
「ましろ 純米吟醸」3月下旬デビュー!

二年目は大事、どんなものでも二年目は大事です!
一年目の評判が良かったもので二年目にズッコケたものを
数多見て参りました。それはいわゆる、一年目の評判にあぐらをかいて
しまった「怠慢」が招いてしまった結果です。

私たちチームましろは、醸造元の秋田清酒さんと共に
品質とコンセプトを今一度見直し、より良いものをお届け出来る様
対話を重ねて参りました。

さらに今年は、秋田清酒さんが長年の経験と独自の手法から
特許を出願中の新しい生もと仕込みを採用!

味わいにも一切の妥協を許さない「新生、二年目のましろ」を
お届け出来るものと確信しております!

わずらわしく無い様、上記二銘柄の注文フォームを
一つにまとめさせていただきました。
どちらか一方のご注文でも、
もちろん二つ同時のご注文でも大いに、大いに結構でございます!

皆さまからの熱いご注文を心よりお待ちしております\(^o^)/

お陰様で完売となりましたm(_ _)m

・メールアドレス--
・お名前--------------
・フリガナ-----------
・郵便番号-----------
・ご住所--------------
・お電話番号 ------- - -
・お支払方法--------
 ※代引手数料は一万円未満330円、一万円以上三万円未満440円

・白神のだぐ 純米吟醸活性にごり酒--- 本 3,300円(税込み) (3月10日お申込み締切)

・ましろ 生もと純米吟醸 しぼりたて生酒720ml--- 本 1,815円(税込み) (3月20日頃入荷予定)

・ましろ 生もと純米吟醸 火入れ低温熟成720ml--- 本 1,815円(税込み) (10月1日頃入荷予定)

・備考(ご要望、その他ご注文希望銘柄など)

【送料】
・北海道:1000円 ・東北:880円 ・関東:980円 ・信越:980円
・北陸:1010円 ・中部:1010円 ・関西:1100円 ・中国:1,180円
・四国:1,280円 ・九州:1,480円
(上記送料はあくまで目安です。本数により変動します)

 

ご留意頂きたい点
ましろは新酒搾りたてと秋の熟成酒の二種類がございます。
白神のだぐと一緒のご注文の場合、特にご指定の無い場合は
ましろの入荷を待ってのお届けとなります。

これはお酒です!当店では未成年へのお酒の販売はいたしません

裏・陸奥男山 超辛純米 無濾過生原酒


全国、いや全世界で猛威を振るう新型コロナウイルス、
心配ですよね(´・ω・`)

決定的な打開策は未だに無く、我々に出来るのは
こまめな手洗いとうがい、咳マナーぐらいでしょうか。

しかしながらその甲斐あって
通常のインフルエンザ羅漢率は大幅に下がってここ10年で最低だそうです。

手を洗ってうがいして、
しっかり飯食って運動して、適量の酒でぐっすり!

過度な心配は心も病んでしまいます。
いざという時の対処法、連絡先などをしっかり確認し、
明るく元気に生活して参りましょ(`・ω・´)


裏・陸奥男山 超辛純米 無濾過生原酒1800ml 3,520円(税込み)

今年の裏はいつものそれとはちょっと違います。
そう、例えるなら「やさしめドラァ~イ!

キリリとした口当たりの中にもどこかやさしさがあります。
喉ごしのキレはそのままに、とってもやわらかな印象です!
ほのかなフルーティーさと透明感は県内を見渡しても唯一無二!

限られた酒販店のみ入荷の限定発売です。
例年通りずっぱど(沢山)仕入れました!

是非お買い求めくださいませ(^o^)

 

現在当方ホームページが不具合により閲覧不能となっております。
ご注文は下記ご注文フォームよりお願いを申し上げます。

こちらの銘柄はクール便(330円)を自動的に採用させて頂きます。

・お名前--------------
・フリガナ-----------
・お電話番号 ------- - -
・メールアドレス--

・郵便番号-----------
・ご住所--------------
・お支払方法--------
 ※代引手数料は一万円未満330円、一万円以上三万円未満440円

・ご注文本数---  本 3,520円(税込み)

・備考(ご要望、その他ご注文希望銘柄など)

【送料の目安】
・北海道:1000円 ・東北:880円 ・関東:980円 ・信越:980円
・北陸:1010円 ・中部:1010円 ・関西:1100円 ・中国:1,180円
・四国:1,280円 ・九州:1,480円
(上記送料はあくまで目安です。本数により変動します)

 

田酒 純米吟醸 華吹雪 うすにごり生酒


こんにちは!毎度様ですm(_ _)m

なんか気張って「ブログ書くぞ!」っていうのは
個人的に合わないみたいです。

なんかこう、無理くり面白い文章書くぞ!っていうのも
続かないようです(笑)

何が言いたいかと言うと
単純にめんどくさがり屋って事なんです(爆)

いけません、いけませんね・・・・
今後はもう少し砕けた感じの投稿にします。

む、この決意もちゃんと続くのか?ww

という事で今回ご案内するのは青森市は西田酒造店から発売となりました
田酒 純米吟醸 華吹雪 うすにごり生酒720mlのご案内です。

田酒 純米吟醸 うすにごり生酒720ml 1,650円(税込み)
※お一人様2本まで

ここ数年、西田酒造店からにごり酒の発売は諸般の事情で見合わせられて
来たんですが今年、満を持しての発売でございます。

すっきりとした口当たりの中に滓が絡む事でジューシーな
味わいを演出しております。

冷はもちろんの事ですがぬる燗(45℃位)も一度お試しを!
生酒特有の甘酸っぱさが心地よい味わいです。

現在当方ホームページが不具合により閲覧不能となっております。
ご注文は下記ご注文フォームよりお願いを申し上げます。

こちらの銘柄はクール便(330円)を自動的に採用させて頂きます。

こちらは完売いたしましたm(_ _)m

 

【令和元年】華一風 樽杓取り & 陸奥八仙 新春祝酒【予約受付中】


年越しのための重要なアイテムの
ご案内です(`・ω・´)



毎年恒例となりました弘前市はカネタ玉田酒造店が醸す人気銘柄
華一風の辻村酒店限定バージョン『樽杓取り-たるしゃくどり-』
陸奥八仙年末限定『新春祝酒-しんしゅんいわいざけ-』
限定発売させていただきます。

一昨年より華一風ラベルリニューアルに伴い槽直汲みから
樽杓取り(たるしゃくどり)」へと呼称もニューアル\(^o^)/

これを飲まないと年を越せない!!なんて方もいらっしゃるほど
おかげさまで年末の人気恒例行事となりました!

 

それは2010年、カネタ玉田酒造専務との電話中に急遽決定しました!

私  『今年も「華一風しぼりたて生」は発売予定ですよね(^o^)?』
専務  『はいは~い、もちろんやりますよ~(゚∀゚)』
私  『昨年も大好評でした、今年もよろしくお願いします!』
専務  『ハ~イ!なんなら樽からすくってそのまま瓶詰めしちゃいますか(笑)』
私  『え!?そんな事できるんですか?』
専務  『え!?・・・ええ。あ、はい、まぁやれと言われれば・・・・( ゚Д゚;)え?』

発売決定!
これは実話ですw

 

このお酒は全て専務の手詰め(夜なべ)で瓶詰めされますww
今年も予約を受け付け限定販売させていただきます。

華一風 (はないっぷう) 樽杓取り
     特別純米 無濾過生原酒 1800ml 3,460円
(税込み)

 

華一風 低圧しぼり特別純米無濾過生原酒も並行して 発売いたしますのでこちらもほしいという方はご注文よろしくお願い申しげます!飲みくらべ(^o^)/

華一風(はないっぷう) 低圧しぼり
       特別純米無濾過生原酒 1800ml 3,190円
(税込み)

 

 

そしてそして、もう一つのメインである
陸奥八仙 新春祝酒 純米吟醸無濾過生原酒
昨年同様並行して予約を受け付けさせていただきます\(^o^)/


陸奥八仙(むつはっせん) 新春祝酒
       純米吟醸無濾過生原酒 1800ml 3,960円
(税込み)

 

こちらも並んで人気のある年末年始限定の超レア酒!
しぼりたてをそのまま瓶詰めした煌びやかでフルーティーな味わい。
言わずと知れた超人気銘柄『陸奥八仙』を年末年始に是非ご堪能ください!


お申込み希望の方はこちらのお申込み専用フォームよりお申込みください!
少しお時間を置いて内容確認メールにてご連絡をさせていただきます。


また下記ご注文フォームもご利用いただけます。
その際はお手数ですがinfo@sake-tsujimura.comまで下記項目をコピペ&ご記入の上
当店まで送信いただきたくお願い申し上げます。

————————年末限定銘柄ご注文フォーム—————————-
①郵便番号
②住所
③電話番号
④ご氏名
⑤お支払方法 代金引換:郵便振替
⑥樽杓取り 本
⑦低圧しぼり 本
⑧新春祝酒 本
⑨備考(その他のご注文など)
⑩クール便 使用するor使用しない
□■□■□■□■□送信先 info@sake-tsujimura.com 送信先□■□■□■□■□

皆様からのご注文心より雄町しております\(^o^)/

==================================================================

当店では未成年者へのお酒の販売はお断りしております!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
つじむら酒店は青森県の日本酒を中心に、
店主・辻村 大が 味わいに納得し、蔵元の姿勢に共感した
本当に飲んでもらいたい銘柄だけをおすすめさせていただいております。

青森の片田舎の小さな酒屋ですが、情熱を持って酒造りに取り組む
蔵元さんと共に歩み、同じ目線、同じ気持ちで全国に発信しております。

「つじむら酒店は夢と情熱で酒を醸す蔵元を応援しています!!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
青森の地酒 つじむら酒店
〒039-3321青森県東津軽郡平内町小湊73-2

TEL 017-755-2024 FAX 017-755-3791
e-mail info@sake-tsujimura.com
URL http://www.sake-tsujimura.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『日本酒はランクからタイプへ』


昨日の国営放送「クローズアップ現代」より、
田崎氏のコメント『日本酒はランクからタイプへ』

本醸造だ純米だ大吟醸だとランクを気にする方がいらっしゃいます。これは国税局が定める「特定名称」と呼ばれるものが大きく影響しております。要は「明記してある原料、まはた定めている製法をクリアしたものは◯◯って謳ってもイイよ!」という決まり。

でもこれを安易に「本醸造、純米酒は安価で味そこそこ」「大吟醸、純米大吟醸は高価で美味!」としてしまうのは今の時代に合ってないよなぁと常々思っております。

例えば精米歩合60%を満たしていれば「純米吟醸」を謳っても良い事になっているけど55%で特別純米で出荷している銘柄もある。また精米歩合60%で純米酒なんだけど飲んでみると「おいコレ純米吟醸って言ってもいい味だ!マジうめぇ!」って銘柄もある。

純米酒と言えども高品質な酒米を使う、または職人のセンスや技術によってすごーく美味しい日本酒を醸し出す蔵元さんも居れば、要項を満たしているだけで大吟醸を謳うけど、実はみんなが思ってる「フルーティー」だとか「透明感」だとかとは縁遠い酒質のものもある。飲んでみるとさして感動もない製品もたまにはあるw

高価な「純米酒」があれば安価な「大吟醸」も存在する。
酒米の価格はそのまま販売価格に反映される事ももちろん。
技術によって安価な原料から高品質(超美味い)なお酒を醸せれば、それは技術料として販売価格に反映しても問題はないと思う。

なので今の時代「本醸造だから安くて味はそこそこ」だとか「大吟醸だから高価で美味しい」という概念は「当たり前じゃない」という事を頭のどこかに常に置いておく必要があると思うのです。

あくまで「価格=味わい=価値」だと思うのです。まぁこれも人それぞれなのですが私たち酒屋は個々の基準で「価格=味わい=価値」だと納得したものをおすすめさせていただいております。要は売る方としては高い大吟醸買ってほしいけど、お客様のお好み次第では安い純米酒激推しケース多々ありって事だし、純米酒って言っても並みの純米吟醸を凌駕する銘柄もあるよ!

日本酒を選ぶ基準は決まった法則があるわけじゃないという事。それはケースバイケースで「どんな料理と合わせるのか?」や「どんなシーンで飲むのか?」や「何人で飲むのか?」とか「冷?温?」や「記念日?贈り物?」、もちろんお財布事情なんかでも変わってくるのでまぁめんどいけど面白いよね?ww

以上、私のFacebookより転記

店長の「もずく」とさえない代表の「辻村」

店長の「もずく」とさえない代表の「辻村」

白神酒造応援酒「ゴーゴー西澤」発売


お世話になっておりますm(_ _)m

この度、青森小売酒販加盟有志店舗にて
2015年1月30日に火災により蔵が焼失してしまった白神酒造を応援するべく
白神酒造応援銘柄白神 純米吟醸 ゴーゴー西澤を発売する事となりました。

白神酒造は火災以降、地元弘前市の六花酒造さんの支援を受け
蔵を間借りして操業を続けてきました。
ここ最近では焼け残った建物を整備し、小規模の仕込みを行える
所まではこぎつけたのですが、出荷量は火災以前には遠く及ばず、
苦しい経営を続けて参りました。
また社長自体の体調も思わしくなく、病体に鞭打って
戦っておらっしゃるのが現状です。

そんな中、青森市幸畑の酒のたかはしさんが音頭を取り
白神酒造を応援する酒屋連合会が立ち上がったのです。

発売するのは醸造年度違いの純米吟醸をブレンドしたものとし
初めて白神を手にする皆さんにもお買い求めやすい価格を
白神酒造さんよりご提案いただきました。

 

先日発起試飲会が開催された際、肩貼りに配する
サブタイトルを決めようという事になり
協議の結果

「ゴーゴー西澤」
に決定いたしました(多少お酒は入っていましたw)

これはお酒のスペックが「華吹雪の55%精米」である事、
そして西澤社長を応援する意味の「GO!GO!」が掛かっております。

香りは控えめ、飲み口は落ち着いたやさしい旨みの中にほのか~に
リンゴなどを思わせる酸味が混じりバランスの良い仕上がりになっております。
後味はやわらかな余韻が心地よく、食中酒としておすすめです。
また、冷だけではなく常温~ぬる燗もお楽しみいただけます。

こちらをこちらを切っ掛けに、白神酒造さんのお酒を一人でも多くの方に知っていただき応援して頂ければと願っております。

白神 純米吟醸 ゴーゴー西澤
・1800ml:2,750円 ・720ml:1,375円 (共に税込み)

令和元年「秋冬日本酒頒布会」のお知らせ


毎度お世話になっております。
長らくブログを放置してしまいました、申し訳ございません(´・ω・`;)

そうこう言っている間にもう10月・・・・今年もあと三か月となってしまいました。

そう、これからは日本酒の季節(←お前は年中w)
そして、秋冬日本酒頒布会の季節です(`・ω・´)

つじむら酒店の秋冬日本酒頒布会は10月,11月,12月の三か月に亘って
毎月720ml×2本をお届けする恒例企画です。

今回も春夏同様「青森の地酒しばり」でのお届けをと考えました!

季節限定品、酒蔵イチオシの銘柄など、つじむら酒店が
「今飲んでほしい銘柄」を厳選してお届けさせて頂きます!


■10月お届け銘柄——————————————————–

㈱西田酒造店 (青森県青森市)
田酒 ~densyu~ 純米吟醸 古城乃錦720ml

白神酒造㈱ (青森県弘前市)
白神 ~sirakami~ 山廃純米酒 ひやおろし720ml

■11月お届け銘柄——————————————————–

㈱鳴海醸造店 (青森県黒石市)
菊乃井 ~kikunoi~ 純米吟醸 シルバーラベル

㈱松緑酒造 (青森県弘前市)
六根 ~rokkon~ 純米吟醸 秋田酒こまち720ml

■12月お届け銘柄——————————————————–

八戸酒造㈱ (青森県八戸市)
陸奥八仙 ~mutsu8000~ 特別純米 無濾過生原酒 直汲み

鳩正宗㈱ (青森県十和田市)
鳩正宗 ~hatomasamune~ 特別純米 無濾過生原酒 直汲み

上記銘柄、720ml×6本を三か月にわたって
お届けさせて頂きます。

皆様お誘いあわせの上、奮ってご注文頂きます様
よろしくお願いを申し上げますm(_ _)m

なお、2019年10月1日からの消費税増税、並びに各蔵元の商品価格改定に伴い、
誠に心苦しいのですが今回から頒布会の会費を若干値上げさせて頂きます。

各蔵元並びに当店におきましては今後とも高品質な日本酒をお届けできるよう
今以上に精進して参ります。

皆さまからのご理解を賜ります様心よりお願いを申し上げます。

—————————————————————————————————
~ 頒 布 会 の 内 容 ~
■商品内容/10月・11月・12月と毎月2本、計6本
■期間/10月、11月、12月の計3ヶ月間
■会費/3ヶ月合計で¥10,500(税込み)
■配達時期/毎月25日以降順次お届け(遅延の場合もあります)
■納品方法/青森市内(浪岡地区を除く)は配達、それ以外は発送(別途送料)

発送の方は12月にまとめてお送りする事も可能です(送料一回分)
ご希望の方は「一括配送(12月)」にチェックをお願いします!
—————————————————————————————————

 

 

ご注文は下記お申込みフォームで受け付けさせていただきます!


メールアドレス】-
【お名前】-------------
【フリガナ】----------
【郵便番号】----- -
【ご住所】-------------
【お電話番号】------ - -
【ご注文口数】-------
【お支払方法】------
【一括配送(12月)】--

【備考(その他ご注文など)】


 

送料などを含めた最終的な合計金額、
お振り込み口座などの詳細を後ほど改めてお返事させていただきます(^o^)/

それでは皆様、よろしくお願いを申し上げますm(_ _)m

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
当店では、未成年者への酒類の販売はいた

令和「春夏日本酒頒布会」


おめでとう令和(=゚ω゚)
よろしくね令和(゚ω゚=)

という事で毎年恒例「春夏日本酒頒布会」のご案内です!

つじむら酒店の春夏日本酒頒布会は5月,6月,7月の三か月に亘って
毎月720ml×2本をお届けする恒例企画です。

今回も昨年同様「青森の地酒しばり」でのお届けかと考えておりました。

が、

冬に限定発売させて頂きました「帰山農園×秋田清酒」の「ましろ」を
当店頒布会用に特別に別囲い、しかも火入れバージョンで出荷して頂ける
事になりましたので今回は「青森の地酒プラスワン」でご提供させて頂きます!!

今回も季節限定品からつじむら酒店が
「今飲んでほしい銘柄」を厳選してお届けさせて頂きます!


■5月お届け銘柄——————————————————–

八戸酒造㈱ (青森県八戸市)
陸奥八仙 ~mutsu8000~ 夏吟醸 ブルーラベル

秋田清酒㈱ (秋田県大仙市)
ましろ ~mashiro~ 生もと純米吟醸 火入れ

■6月お届け銘柄——————————————————–

尾崎酒造㈱ (青森県鰺ヶ沢町)
漕ぎ出せ大洋! ~kogidasetaiyou~ 山廃純米吟醸 無濾過原酒

鳩正宗㈱ (青森県十和田市)
鳩正宗 ~hatomasamune~ HATO ROCK 純米無濾過原酒

■7月お届け銘柄——————————————————–

㈱カネタ玉田酒造店 (青森県弘前市)
夏の斬 ~natsunozan~ 純米吟醸にごり火入れ

㈱松緑酒造 (青森県弘前市)
六根 ~rokkon~ 夏ルビー 純米吟醸 秋田酒こまち仕込み

どうです?我ながらなかなか面白いラインナップでしょう?(笑)

上記銘柄、720ml×6本を三か月にわたって
お届けさせて頂きます。

皆様お誘いあわせの上、奮ってご注文頂きます様
よろしくお願いを申し上げますm(_ _)m

 

—————————————————————————————————
~ 頒 布 会 の 内 容 ~
■商品内容/5月・6月・7月と毎月2本、計6本
■期間/5月、6月、7月の計3ヶ月間
■会費/3ヶ月合計で¥10,000(税込み)
■配達時期/毎月25日以降順次お届け(遅延の場合もあります)
■納品方法/青森市内(浪岡地区を除く)は配達、それ以外は発送(別途送料)

発送の方は7月のまとめてお送りする事も可能です(送料一回分)
ご希望の方は「一括配送(7月)」にチェックをお願いします!
—————————————————————————————————

 

 

ご注文は下記お申込みフォームで受け付けさせていただきます!


メールアドレス】-
【お名前】-------------
【フリガナ】----------
【郵便番号】----- -
【ご住所】-------------
【お電話番号】------ - -
【ご注文口数】-------
【お支払方法】------
【一括配送(12月)】--

【備考(その他ご注文など)】


 

送料などを含めた最終的な合計金額、
お振り込み口座などの詳細を後ほど改めてお返事させていただきます(^o^)/

それでは皆様、よろしくお願いを申し上げますm(_ _)m

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
当店では、未成年者への酒類の販売はいたしておりません。

結(ゆい) みちこの袋吊り (袋吊りとは?)


袋吊りは首吊りと呼ばれることもあったそうです(((´・ω・`;)))

 

日本酒は米、米麹、水をタンクの中でまぜまぜして発酵させた
「もろみ」を濾した(搾った)ものという事はもうすでにご存じかと思います。

ではもろみはどうやって濾すのか?

多くの酒蔵では「薮田(やぶた)」と呼ばれる装置を使っています。
画像は松緑酒造さんの薮田

これ、初心者の頃はこの装置自体が薮田というものだと思ってましたが実は

「薮田式自動醪搾機」という薮田社製の圧搾装置なんです。

だって酒蔵さんはまったくもって当たり前にこれを「薮田です~」って
説明するもんでこっちは「へぇ~、これが薮田か~」ってなっちゃう
当然の流れが出来上がっちゃってるんですよ(笑)

他社製品を使っている蔵元も多くありますが、業界では
「日本酒を搾る装置=薮田」でまず通じるのではないかと思います。

この装置は無数に見えるパネルに中にもろみが送られエアーの力で圧を掛ける事で
透明な日本酒が流れ出てくる仕組みとなっております。
パネル内には板状になった酒粕が残されます。

こちらの利点はなんといっても「早く搾れる」というところ。
日本酒は空気に触れるとその時点から酸化が進みます。
短時間で搾る事でフレッシュさを保ったまま製品化が出来るんです。

 

この他に昔ながらの搾り方で「槽搾り(ふねしぼり)」という手法もあります。

画像は竹浪酒造店さん

こちらは布などで出来た酒袋の中にもろみを入れ互い違いに積み上げたのち
上から圧力を掛けて搾る方法です。

上記の薮田に比べると倍以上の時間が掛かるものの、やさしい口当たりの
日本酒に仕上がる事が多いようです。

仕上がりの好みなどであえてこちらを選択する蔵元も少なくありません。

槽と書いて「ふね」と呼ぶ事から昔はこの搾りの責任者を「船頭」と言いました。

 

さて、ようやく「袋吊り」です! (画像が無いのでこちらを参照)

こちらは槽搾りでも使用される酒袋にもろみを詰める所までは同じですが
これをステンレスなどで出来た大きな容器の上に紐などで一つ一つ吊していきます。

圧力は一切掛けず自然に滴り落ちてきたものだけを採取、瓶詰めします。

薮田、槽搾りに比べて圧倒的に時間が掛かり、尚且つ採取できる量が
極端に少ない非常に効率の悪い方法と言えるのではないでしょうか。

しかし、この搾り方で採取された日本酒は余計な圧力が掛からないため
ストレスフリーで雑味が少なく、非常に綺麗な味わいになります。
そのため、この方法が用いられる特定名称は大吟醸、純米大吟醸などが
圧倒的多数でしかも品評会出品酒など特別なお酒に用いられる事が殆どです!

ここからは個人の感想なのですが、袋吊りで採取された日本酒は味のノリが
やや後半に来るように思えます。

これは圧力を掛けずに搾る事から旨みなどに関わる様々な成分が出にくい
からなのではないかと考えます。その分味わいが澄んでいるとも言えるのではないでしょうか?

ですので袋吊りで搾られたお酒は開栓後、すぐに飲み切ってしまうのではなく
時間の経過で徐々に移ろいゆく味わいを楽しむのに打ってつけの銘柄と言えるのではないかと思います(・ω・)

薮田⇒早く搾れる、採取できる量も多く、旨み成分もしっかり抽出できる
槽搾り⇒時間は掛かるもののやさしくまろやかな味わいになる
袋吊り⇒採取量は少なく時間は掛かるもののクリアな部分のみ抽出できる

ざっと挙げるとこんな感じでしょうか!

という事で長々と講釈を垂れ流して参りましたが今回ご案内するお酒はこちら!

結(ゆい) 純米吟醸 まっしぐら みちこの袋吊り 無濾過生原酒

結城酒造さんは茨城県結城市にある小さな酒蔵さん。
杜氏を勤める浦里美智子さんは蔵元である昌明さんの奥様、
つまり純粋培養の酒蔵育ちという訳ではないんです。

蔵に嫁いでしばらくは仕込みの手伝いなどをしていたそうですが
その中で気付く事、やってみたい事などいろいろと考えが膨らんでいったそうです。

モンモンとした日々を送っていたある日、茨城県の酒造研修に参加する事に。
そこで技術指導の先生に吟醸造りを学び、ますます酒造りにのめり込んでいきます。
そしてお子様が保育園に通いだしたのをきっかけに本格的に杜氏デビューを果たしました。

こちらのお酒に使用されているのは青森県産の食米「まっしぐら」
まっしぐらは美智子さんがデビュー当時から使っているお米で、こちらを用いた
純米吟醸は通常は圧搾機を使い搾られるのですが今回、当店のために特別に
袋吊りで搾っていただき製品化と相成りました!!

雑味の無いクリアな味わいと共に、柔らかく広がる旨みをご堪能いただけます。
また、搾られた直後の今はまだいわゆる「つぼみ」の状態。
開栓後、徐々に艶やかで上品な味わいに変化していくのも味わいポイントです!

今年は40本の限定、飲食店さんにもご案内させて頂いておりますので
無くなり次第終了となります。

また美智子さんいわく「通常の結 純米吟醸 まっしぐら 亀口直汲み 無濾過生原酒との飲みくらべも面白いですよ~」との事。

ご注文の際には「結 純米吟醸 まっしぐら 亀口直汲み 無濾過生原酒」との併せ買いも是非ともご検討ください(^o^)/
結(ゆい) 純米吟醸 まっしぐら みちこの袋吊り 無濾過生原酒
1800ml:3,564円(税込み)