つじむら酒店「秋冬日本酒頒布会」のご案内!


毎度お世話になっておりますm(_ _)m

 

 

日に日に秋も深まって参りました!
すでに青森では最高気温が20度を切りました。

山々は頭の先から徐々に彩を深め
季節の食材はどんどんと脂がのって参りました!

 

さあさあそんな季節は毎年恒例の日本酒頒布会の季節です\(^o^)/

 

今回も味わい深い銘柄から新酒しぼりたてまでをラインナップ。
是非ともお付き合いの程よろしくお願いを申し上げますm(_ _)m

 

 

つじむら酒店 秋冬日本酒頒布会ラインナップ

●初回お届の銘柄—————————————————————–●

 ㈱西田酒造店(青森県青森市)
 田酒 ~densyu~ 純米吟醸 古城乃錦

 秋田清酒㈱(秋田県大仙市)
 やまとしずく ~yamatoshizuku~ 純米吟醸 ひやおろし

●二回目お届の銘柄————————————————————–●

 ㈱鳴海醸造店(青森県黒石市)
 稲村屋 ~inamuraya~ 純米吟醸 華想い50

 夢心酒造㈱(福島県喜多方市)
 奈良萬 ~naraman~ 純米酒 ひやおろし

●三回目お届の銘柄————————————————————–●

 鳩正宗㈱ (青森県十和田市)
 稲生 ~inaoi~ 特別純米 無濾過生 直汲み

 八戸酒造(株) (青森県八戸市)
 陸奥八仙 ~mutsu8000~ 特別純米 赤ラベル 直汲み

 

日本酒は毎年が挑戦!
一年として同じ味わいはありません。

各蔵銘柄共に進化しております。
今年の出来栄えを是非とも皆様の舌でお楽しみください\(^o^)/

チラシはこちら!

~ 頒 布 会 の 内 容 ~
■商品内容/10月・11月・12月と毎月2本、計6本
■期間/10月、11月、12月の計3ヶ月間
■会費/3ヶ月合計で¥10,000(税込み)
■配達時期/毎月25日以降順次お届け(遅延の場合もあります)
■納品方法/青森市内は配達、それ以外は発送(別途送料)

 

ご注文は下記お申込みフォームで受け付けさせていただきます!
またこちらのPDFを印刷してFAXでもご注文を承らせて頂きます。
つじむら酒店 秋冬日本酒頒布会PDF

 

[mwform_formkey key=”8556″]

フォームでのお申込みは自動返信メールはありません。
確認次第こちらからお返事させていただきます(^o^)/

それでは皆様、よろしくお願いを申し上げます(^o^)/

若駒(わかこま) 雄町70 瓶火入れ 無濾過原酒 ひやおろし


 

若いひやおろしはひやおろしじゃない( ゚Д゚)カッ!

 

 

 

若駒(わかこま) 雄町70 瓶火入れ 無濾過原酒 ひやおろし

栃木県小山市の若駒酒造六代目、柏瀬幸裕さん(低精米の貴公子)が醸す若駒シリーズは
あえて米を磨かない事で得られる味わいを楽しむ事が出来る銘柄です!

そんな若駒酒造のひやおろしは「若いひやおろしはひやおろしじゃない」をモットーに
蔵の中の涼しい場所で常温で貯蔵熟成されました。

やわらかく広がるバナナのような香り。
熟成を経て生まれた完熟した果実のような旨み、
それを起伏のある味わいに演出するあざやかな鮮が絶妙にマッチしております(^o^)

若駒酒造については商品詳細ページでも詳しく説明しております。
是非クリックして見てみてください(^o^)

若駒(わかこま) 雄町70 瓶火入れ 無濾過原酒 ひやおろし
1800ml:3,024円 720ml:1,512円(ともに税込み)

陸奥八仙 ミドリラベル 特別純米酒 ひやおろし 28BY


あ~かいキツネと緑のはっせん(^o^)

 

 

 

陸奥八仙 ミドリラベル 特別純米酒 ひやおろし陸奥八仙 ミドリラベル 特別純米酒 ひやおろし 28BY

 

ひやおろしとは春先の新酒に一度火入れをして熟成貯蔵し
夏を越した初秋の頃に出荷になる年に一度の限定銘柄です!

 

28BYとは平成28年度醸造の意味。

日本酒の一年は7月1日から翌年の6月30日までとされています。
ですのでこちらの日本酒は平成28年の7月1日から翌年の6月30日までの間に
醸されたという事になるのです(^o^)

 

香りは昨年よりやや控えめながらマスカットなどを連想させます。
味わいはよりクリアに、より引き締まった印象。
陸奥八仙らしい果実味を感じつつキレの良い味わいに仕上がっております(^o^)

今年の緑もうんめぇ~ぞ~\(^o^)/

陸奥八仙 ミドリラベル 特別純米酒 ひやおろし

陸奥八仙 ミドリラベル 特別純米酒 ひやおろし
1800ml:3,024円 720ml:1,620円(共に税込み)

萩の鶴 メガネ専用日本酒!


今年も入荷決定です(゚∀゚)

 

 

萩の鶴 メガネ専用 特別純米酒 火入れ
(萩野酒造:宮城県)
※画像は初年度のものです。

10月1日はメガネの日という事でそれにちなんだ銘柄です!

杜氏を筆頭に以下すべての蔵人がメガネ着用のため、 蒸しの作業の時など
レンズの曇りに苦悩しながら醸し上げた最高傑作(?)

 

もちろん裸眼の人にもお楽しみいただけますし、これを飲んだからと言ってメガネをかけなければならないほど視力が低下するといった事もございません。

 

果実のような旨み、それを引き立てる爽やかな酸がボリュームとキレを演出!

 

思わずメガネがずり落ちてしまうような旨さw!

 

香り、深い味わい、インパクトのある酸を両立させるため、
別々のタンクで仕込んだものを蔵元自ら絶妙にブレンド!

 

予約を承ります!
入荷は9月下旬の予定です。

数量限定ですので早期終了する場合がございます。
この点はご了承賜りたくお願いを申し上げます。

さあ、あなたもメガネをかけてレッツトライ(^o^)/

萩の鶴 メガネ専用 特別純米酒 火入れ
1800ml:3,132円 720ml:1,674円

春夏日本酒頒布会のご案内


一年って早いんですね(´・ω・`)

 

 

 

そう、歳を重ねると出てくる現象でございますね。
私も先日36歳となりました・・・・・・(´・ω・`)

 

ぼーっとしていたら一年なんてあっという間。

 

 

そう、『春夏日本酒頒布会』の季節です(´Д` )

今回も季節限定銘柄、当店特注銘柄など目白押し!

 

初回お届の銘柄——————————————
八戸酒造(株)(青森県八戸市)
陸奥八仙 ~mutu8000~ 夏吟醸 ブルーラベル

夢心酒造(株) (福島県喜多方市)
奈良萬 ~naraman~ 純米生貯蔵酒 夏の酒

二回目お届の銘柄——————————————
白神酒造(株)(青森県弘前市)
白神 ~sirakami~ 純米吟醸 華吹雪55 火入れ

(株)豊島屋(長野県岡谷市)
豊香 ~houka~ 夏 純米吟醸 辛口生貯蔵酒

三回目お届の銘柄——————————————
鳩正宗㈱ (青森県十和田市)
稲生 ~inaoi~ 純米大吟醸 華想い45 火入れ

武の井酒造(株) (山梨県北杜市)
青煌 ~seikou~ 純米吟醸 雄町 つるばら酵母仕込み

 

日本酒は毎年が挑戦!
一年として同じ味わいはありません。

各蔵銘柄共に進化しております。
今年の出来栄えを是非とも皆様の舌でお楽しみください\(^o^)/

チラシはこちら!
春夏

~ 頒 布 会 の 内 容 ~
■商品内容/5月・6月・7月と毎月2本、計6本
■期間/5月、6月、7月の計3ヶ月間
■会費/3ヶ月合計で¥10,000(税込み)
■配達時期/毎月25日以降順次お届け(遅延の場合もあります)
■納品方法/青森市内は配達、それ以外は発送(別途送料)

『白神酒造再建支援義援金付きお猪口』も一緒にいかがでしょうか?
FullSizeRender

こちらは『白神酒造応”縁”プロジェクト』の一環で
お猪口を一個500円でお買い上げいただくと売り上げから経費を除いた
350円を白神酒造酒蔵再建のために寄付させていただくというものです!

 

ご注文は下記お申込みフォームで受け付けさせていただきます!

 

[mwform_formkey key=”8556″]

フォームでのお申込みは自動返信メールはありません。
確認次第こちらからお返事させていただきます(^o^)/

それでは皆様、よろしくお願いを申し上げます(^o^)/

第五回 「あおもり★ぽん酒deナイト2017」開催決定!


皆様お待たせいたしました~\(^o^)/
今年もいよいよ「あおもり★ぽん酒deナイト」の季節がやって参りました!!!!!

20147-6-4_n

昨年はとうとう参加者が300名を超え熱気むんむん、超盛り上がりました!
今回は2017年6月4日(日)17時より開催いたします(^o^)

今回も有志でお集まりいただきます青森の蔵元さんの美味しい日本酒を楽しみながらDJの皆さんのパフォーマンスで盛り上がりましょう(^o^)/

 

チケット販売店は下記の通りです!

●もぐらや 青森市長島4-1-1 電話:070-5626-7295
●かめや酒店 青森市中央1-26-22 電話:017-735-1620
●酒舗たかはし 青森市花園2-13-1 電話:0120-014-135
●酒のタカハシ 青森市幸畑1-20-13 電話:0120-413-983
●雑貨屋さぼりーな 青森市本町3-4-11 電話:017-722-8820
●(株)ヤマサ佐藤商店 青森市安方1-4-4 電話:017-722-3087
●Kマートかさい 青森市造道2-6-21 電話:017-743-0647

そして最後はもちろん当店だ!遠いけど買に来やがれ(笑)
つじむら酒店 平内町小湊73-2 電話:017-755-2024

 

チケット3,000円で5ドリンクお楽しみいただけます!
こちらのチケットには「特製グラス」、「和らぎ水」、
そして「チャージ代」が含まれております。

それ以降はオカワリチケットをご購入ください。

おつまみは青森の「もぐらや」さんがこの日のために
拵えた美味しい酒の肴を販売いたします。

それでは6月4日は青森クォーターでお会いしましょう(^o^)/(^o^)/(^o^)/

=================================================================


しばらくぶりにランキングに参加(笑)
ついでにポチッとお願いしますm(_ _)m

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
つじむら酒店は青森県の日本酒を中心に、
店主・辻村 大が 味わいに納得し、蔵元の姿勢に共感した
本当に飲んでもらいたい銘柄だけをおすすめさせていただいております。

青森の片田舎の小さな酒屋ですが、情熱を持って酒造りに取り組む
蔵元さんと共に歩み、同じ目線、同じ気持ちで全国に発信しております。

「つじむら酒店は夢と情熱で酒を醸す蔵元を応援しています!!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
青森の地酒 つじむら酒店
〒039-3321青森県東津軽郡平内町小湊73-2

TEL 017-755-2024 FAX 017-755-3791
e-mail info@sake-tsujimura.com
URL http://www.sake-tsujimura.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

安東水軍(あんどうすいぐん) 山廃純米 無濾過生原酒


山廃ってなんなのさ(・ω・)

 

 

日本酒で「山廃仕込み」って聞いたことあると思うんですが
これ、店頭などでもよく聞かれるんです。

andu-ymhi--1

尾崎酒造(青森県西津軽郡鰺ヶ沢町)
安東水軍(あんどうすいぐん) 山廃純米無濾過生原酒
1800ml:3,024円(税込み) 720ml:1,512円(税込み)

 

 

山奥の廃屋で
造ってるんだべが(・ω・)?

いいえ、そうではありません。

以下、少々長くなります(笑)

日本酒を仕込む一番最初の工程に「酒母(しゅぼ)」があります。
これは麹、蒸し米、仕込み水を入れたタンクで純粋な酵母を増やす工程。

いきなり大きなタンクに仕込んでしまうと酵母の量が少なすぎて
酵母が「こんなに多く醸しきれないよー!」と疲弊してしまいます。

なのである程度小さめのタンクで酵母の量を増やしてあげる、
こんなイメージでいいと思います。

で、この工程で乳酸がキーマンになってくるんです。

乳酸は雑菌の侵入や繁殖を防いでくれるんです。
その一方で酵母が増えるのをやさし~く見守ってくれる。

他の菌には「オラオラ」しながらも酵母には「がんばってね!」

乳酸は酵母にとって正にボディーガード!

現在主流の「速醸仕込み(速醸酛)」は市販の純度の高い醸造用乳酸を使います。

でも昔はそんなものありませんから蔵に住み着いている
自然界の乳酸菌の力を借りていたんです。

とは言いつつも、黙ってたって乳酸菌が力を貸してくれるわけじゃありません。

大昔は「半切り桶」という平べったい桶に、麹、蒸し米、仕込み水を加え、
櫂棒ですりつぶす「酛すり」(山卸し)という工程がありました。
この工程を経ると酵母が住みやすく増えやすい環境が生まれます。

これを「生酛(きもと)仕込み」と呼びます。

でもこの工程、大の大人が2~3人掛かりで半日以上スリスリする重労働。

そんな中、麹の酵素が米を溶かしてくれて酵母が住みやすい環境を
造ってくれることが判明!

山卸しの作業をしなくても同じような効果が得られるぞー!ってんで
「酛すり」(山卸し)を簡略化した仕込み、これが「山卸し(酛すり)廃止酛」と呼ばれ略して「山廃仕込み」となったワケです(簡単に言うとねw)

山廃仕込みは生酛仕込み同様、深いコクと独特の酸味がある味わいの
日本酒になります。

手間は生酛仕込み程ではないものの、現在主流の速醸仕込みにくらべて
手間も時間もかかっちゃうんですねぇ。

文章が長くなってしまいましたが要するに山廃仕込みは
独特の酸味とコクが楽しめる日本酒ですよ!って事です(笑)

andu-ymhi--2
先ほど開催された青森酒造組合主催の新酒を楽しむ会にて
尾崎酒造ブースで提供されていたのが今回の山廃純米酒。

知人のデザイナーNさんが「今年のめっちゃ旨いよw」って
猛プッシュしてくださいましたので飲んでみる事に。

酸味とキレのバランスがめっちゃ(゚∀゚)イイ!

という事でほろ酔い状態で発注させて頂きました(笑)

本数は当店の貯蔵スぺースを考慮してほんの僅かなのですが
限定入荷しております(`ω´)ゞ

andu-ymhi--3
尾崎酒造(青森県西津軽郡鰺ヶ沢町)
安東水軍(あんどうすいぐん) 山廃純米無濾過生原酒
1800ml:3,024円(税込み) 720ml:1,512円(税込み)

==================================================================

2017年4月のスケジュール

4月23日 臨時休業


しばらくぶりにランキングに参加(笑)
ついでにポチッとお願いしますm(_ _)m

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
つじむら酒店は青森県の日本酒を中心に、
店主・辻村 大が 味わいに納得し、蔵元の姿勢に共感した
本当に飲んでもらいたい銘柄だけをおすすめさせていただいております。

青森の片田舎の小さな酒屋ですが、情熱を持って酒造りに取り組む
蔵元さんと共に歩み、同じ目線、同じ気持ちで全国に発信しております。

「つじむら酒店は夢と情熱で酒を醸す蔵元を応援しています!!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
青森の地酒 つじむら酒店
〒039-3321青森県東津軽郡平内町小湊73-2

TEL 017-755-2024 FAX 017-755-3791
e-mail info@sake-tsujimura.com
URL http://www.sake-tsujimura.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

萩の鶴(はぎのつる) 純米吟醸 別仕込 無濾過生原酒 さくらネコ


 にゃ~ん(=^ω^=)

 

 

 

 

 

という事で一億五千万人の猫好き日本酒好きの皆様お待たせいたしました。
今年もにゃんにゃんラベルの日本酒が登場です!

neko-2

萩野酒造(宮城県栗原市)
萩の鶴 純米吟醸 別仕込 生原酒 さくらネコ

日輪田、萩の鶴のダブルネームで展開する萩野酒造の春の限定銘柄!

通常の純米吟醸とは別に仕込まれるこちら、
華やかな香りが特徴のかすみにごり生原酒でございます。

春を迎える喜びと桜の花を意識した華やかな香り。

にごり(おり)を絡める事で瓶内に炭酸ガスを発生させます。

これによって瓶内の空気を排除、生老香(なまひねか)と
甘ダレ(時間の経過で鈍重な味わいになる事)を防ぐことが出来ます。
neko-1

 

こちらの銘柄はあえて華やかな味わいを表現しています。

これからの時期、花見など外で飲む機会も増える事でしょう。
そんな時、この華やかさは外飲みの雰囲気に負けることなく
しっかりとした存在感を示してくれることでしょう。

白桃などを思わせるフルーティーな味わい、
微量に炭酸ガスを含んでおり飲み口に躍動感があります。

 

桜の木の下でまどろむネコちゃんのデザインも毎年好評!
この可愛さに負けない味わいです(^o^)

 

352-1萩の鶴 純米吟醸 別仕込 生原酒 さくらネコ
1800ml:3,240円 720ml:1,620円(共に税込み)

 

併せてこちらの銘柄もおすすめ!

hgntr-jng- hwt-yjng-hwt-dkkm-

 

 

 

 

 

 

 

==================================================================

2017年3月のスケジュール

3月19日 定休日
3月20日 臨時休業

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
つじむら酒店は青森県の日本酒を中心に、
店主・辻村 大が 味わいに納得し、蔵元の姿勢に共感した
本当に飲んでもらいたい銘柄だけをおすすめさせていただいております。

青森の片田舎の小さな酒屋ですが、情熱を持って酒造りに取り組む
蔵元さんと共に歩み、同じ目線、同じ気持ちで全国に発信しております。

「つじむら酒店は夢と情熱で酒を醸す蔵元を応援しています!!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
青森の地酒 つじむら酒店
〒039-3321青森県東津軽郡平内町小湊73-2

TEL 017-755-2024 FAX 017-755-3791
e-mail info@sake-tsujimura.com
URL http://www.sake-tsujimura.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


にほんブログ村

来福(らいふく) 純米生原酒 さくらの花酵母仕込み


 

これぞ花見に持って行くために
生まれた日本酒(´・ω・`)かも

 

 

 

 

rihk-hl-1来福酒造(茨城県筑西市)
来福 純米生原酒 さくらの花酵母仕込み

 

こちらは春限定出荷のさくら酵母仕込み!

東京農業大学短期大学の花酵母研究会が
実際の花から抽出、分離培養した花酵母を使用しています。

 

自然界には様々な場所に酵母が存在しています。
その中にはおよそ日本酒の仕込みには使えないような暴れん坊が居たり
その逆で驚くべき力を秘めたものが居たりとまだまだ可能性を秘めているんです。

花酵母研究会の取り組みはその中でも植物の「花」に着目し
日本酒造りに有益なものを見つけ出し育てる活動をしています。

 

 

rihk-hl-2
という事こちらの日本酒は実際の「桜の花」から抽出した酵母を使用しています。

 

やわらかくて軽やかな口当たり、度数の高さを感じさせませんね。
うっすらと絡むにごりの効果でほのか~にガスっぽいニュアンスが。

生酒特有のフルーティーな旨みも申し分なくみんなでワイワイ楽しめる味わいです。

来福酒造さんは様々な酒米に様々な花酵母を使用する事で
業界では有名な酒蔵さんです。

ほら、他にもこんなにいろんな銘柄があるんですよ!

rifk-ymd-rifk-ymdb-rifk-kmno-rifk-aiym-rihk-omc-n-

 

 

 

 

 

 

まずは春限定のこちらのさくら酵母仕込みを是非お楽しみください(^o^)
rihk-skr1来福 純米生原酒 さくらの花酵母仕込み
1800ml:2,862円 720ml:1,458円(共に税込み)

==================================================================

2017年3月のスケジュール

3月19日 定休日
3月20日 臨時休業


  
しばらくぶりにランキングに参加(笑)
ついでにポチッとお願いしますm(_ _)m

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
つじむら酒店は青森県の日本酒を中心に、
店主・辻村 大が 味わいに納得し、蔵元の姿勢に共感した
本当に飲んでもらいたい銘柄だけをおすすめさせていただいております。

青森の片田舎の小さな酒屋ですが、情熱を持って酒造りに取り組む
蔵元さんと共に歩み、同じ目線、同じ気持ちで全国に発信しております。

「つじむら酒店は夢と情熱で酒を醸す蔵元を応援しています!!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
青森の地酒 つじむら酒店
〒039-3321青森県東津軽郡平内町小湊73-2

TEL 017-755-2024 FAX 017-755-3791
e-mail info@sake-tsujimura.com
URL http://www.sake-tsujimura.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

HATOMASAMUNE 純米吟醸うすにごり生酒 ワイン酵母仕込み (鳩正宗・はとまさむね)


ワイン用の酵母を使用した
れっきとした日本酒です(`・ω・´)

 

 

 

正に異色の日本酒と言っても過言ではないこちらの銘柄

261-2

鳩正宗(青森県十和田市)
HATOMASAMUNE
純米吟醸うすにごり生酒 ワイン酵母仕込み

 

ここ数年鳩正宗さんでは「白麹」「りんご酸酵母」など
おもしろいコンセプトで仕込んだ日本酒が好評を博しています!

その中でもひときわ異彩を放ちつつ最も好評をいただいているのが
こちらの純米吟醸 ワイン酵母仕込みです。

 

 

hato1

酵母の仕組み自体は清酒酵母と同じなのですが
ワイン酵母は清酒酵母に比べ若干酸が多く生まれるという部分がポイント!

とは言えワインの持つ酸はほぼほぼぶどう由来の酸なので
こちらの日本酒の持つ酸は米由来のものとなります。

使用しているのは多種多様なワイン酵母の中からとあるブドウ品種に適した
白ワイン用の酵母を使用しているとの事。

 

ワイン酵母を使用したからと言って
皆が皆このような味わいになるとは言えません。

佐藤 企(たくみ)杜氏の確固たる技術と分析力無くして
この日本酒の持つ旨みと酸味のバランスは表現できないと考えます。

 

 

と、まあ、難しい話は抜きにして
とにかくうんまぁぁぁぁい\(^o^)/

 

hato0

やわらかな旨みはライチやさくらんぼのような
ほんのり甘酸っぱいニュアンスを帯びてます。

日本酒度はなんとマイナス37!
しかしながら酸度は3.5!

これです、この絶妙なバランスがこの日本酒の味わいを構成しているのです!

日本酒好きはもちろんの事、
日本酒はちょっと苦手なんて方にも是非ともお試しいただきたい一本です(^o^)

現代の日本酒は多様性を極めつつあります。
こうじゃなければ日本酒じゃないなんてことはないんです。

日本酒という枠の中で、このような味わいを表現していくことこそ
日本酒のさらなる可能性を見出すきっかけになるんだと思います。

お猪口はちょっと似合わないかも(笑)
なんかこう、こ洒落たグラスなんかで楽しんでもらいたいですね!

んで酒のアテはピッツァとかカルパッチョとかシャレオツな感じでw

hato-winHATOMASAMUNE 純米吟醸うすにごり生酒 ワイン酵母仕込み
容量:720ml 価格:1,460円(税込み)

 

==================================================================

2017年4月のスケジュール

4月23日 臨時休業


しばらくぶりにランキングに参加(笑)
ついでにポチッとお願いしますm(_ _)m

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
つじむら酒店は青森県の日本酒を中心に、
店主・辻村 大が 味わいに納得し、蔵元の姿勢に共感した
本当に飲んでもらいたい銘柄だけをおすすめさせていただいております。

青森の片田舎の小さな酒屋ですが、情熱を持って酒造りに取り組む
蔵元さんと共に歩み、同じ目線、同じ気持ちで全国に発信しております。

「つじむら酒店は夢と情熱で酒を醸す蔵元を応援しています!!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
青森の地酒 つじむら酒店
〒039-3321青森県東津軽郡平内町小湊73-2

TEL 017-755-2024 FAX 017-755-3791
e-mail info@sake-tsujimura.com
URL http://www.sake-tsujimura.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━