日本酒が探せる!隠れた地酒を全国へお届けするつじむら酒店

  • フリーワードで探す
  • 味で探す
  • 華香(上立香)
    含香(戻香)
    酒香
    熟成香
    老香(ひね)
    キレ味
    ピリ味
    酸味
    コク味
  • スマホdeつじむら

つじむら酒店からのお知らせ

▶ 『つじむら酒店からのお知らせ』はfacebookを利用して表示しております。表示されない場合にはご利用のブラウザでfacebookへのログインが必要です

今日の辻村酒店イチオシ

鶴齢(かくれい) 特別純米酒 五百万石 寒熟 無濾過生詰原酒

南魚沼の銘酒「鶴齢」 従来皆さんが持つ新潟の日本酒の味わいとは一線を画す「濃厚で旨口な味わい」 その力強い味わいで全国的にファンの多い銘柄として有名です。 そもそも新潟の日本酒は全てが「淡麗辛口」ではありませんでした。 過去日本酒ブームが起こった際、県を挙げて淡麗辛口を推奨したことにより 新潟の日本酒の出荷量は飛躍的に伸びを見せました。 しっかりと炭素濾過をし、透明で水の如しが新潟の日本酒の代名詞でした。 しかしそれはもろ刃の剣、炭素濾過をすることで個性を失い どの銘柄を飲んでも劇的な違いは感じられなくなってしまったのです。 鶴齢の青木酒造は山間部の蔵元。昔から山仕事などを生業とする人が多かったため しっかりとした濃厚な味わいの日本酒が好まれてきました。 そう、青木酒造はブームに乗らず、地元で愛される日本酒を昔から醸し続けてきたのです。 それが今の時代になり「淡麗辛口の新潟において、濃厚旨口の鶴齢あり!」と称賛を受ける事となったのです。 無濾過シリーズは全国でも限られた特約店限定流通の銘柄です。 原料米には新潟県産「五百万石」を使用。 55%まで磨き厳寒の時期にじっくりと醸し上げられました。 やわらかに香るフルーティーな上立香、口に含むと濃厚な旨みと共に熟成によって生まれた まろやかな口当たり、のびやかな酸が全体を包み込みさわやかな喉ごしを演出しています。 常温、もしくはぬる燗もおすすめです(^^)/

武の井 純米吟醸 さくら酵母仕込み

「青煌(せいこう)」が徐々に知名度を上げつつある武の井酒造から つるばら酵母以外の花酵母を使用した「武の井シリーズ」のご紹介です。 青煌シリーズには杜氏の清水紘一郎自らが「つるばら酵母しか使用しない」という縛りを設けております。故に純米大吟醸から純米酒まで米は違いますが酵母はすべて「つるばら酵母仕込み」。 この武の井シリーズではこれからの自分の可能性を模索するべく 様々な酵母を使用する事といたしました。 こちらは春先にピッタリの「さくらの花酵母」を使用した純米吟醸です。 ほのかにチェリーなどを思わせる香り。 味わいは落ち着きがありながらも適度な酸が味わいに起伏を演出。 程よい旨みと酸味がマッチした味わいは、和洋中を問わずお楽しみいただけます!

稲村屋(いなむらや) 特別純米 華吹雪 無濾過生原酒

「稲村屋(いなむらや)」は青森県黒石市にあります 鳴海醸造店さんの特約店限定流通銘柄です。 稲村屋は鳴海醸造店の創業当時からの商号で、 凶作の時でも収穫があった田んぼの地名「稲村」を引用して名付けられたそうです。 醸すのは東京農大で酒造りを学んだ社長兼杜氏の七代目当主 鳴海信宏氏。 同氏は2015年度青森県「秋の清酒鑑評会」にて『吟醸の部』『純米の部』にて金賞を主席で受賞、さらに華想いを使用した『青森県産米部門』は青森県産業技術センター理事長賞を受賞し 三冠を達成するなど確かな実績を誇っております。 今回の銘柄は初春にのみ出荷されるレア物件! 香りはほのかに、ほっこりと上品な白桃などをうかがわせる旨み。 喉ごしもやわらかで適度な余韻が盃を進ませます。 新酒のフレッシュ感を醸し出しながらもやさしい飲み口。 季節ならではの味わいをお楽しみください(^o^)

辻村酒店をフォローする
このエントリーをはてなブックマークに追加

©Tsujimura saketen, Inc. All Rights Received.