日本酒が探せる!隠れた地酒を全国へお届けするつじむら酒店

  • フリーワードで探す
  • 味で探す
  • 華香(上立香)
    含香(戻香)
    酒香
    熟成香
    老香(ひね)
    キレ味
    ピリ味
    酸味
    コク味
  • スマホdeつじむら

つじむら酒店からのお知らせ

▶ 『つじむら酒店からのお知らせ』はfacebookを利用して表示しております。表示されない場合にはご利用のブラウザでfacebookへのログインが必要です

今日の辻村酒店イチオシ

駒泉(こまいずみ) 秘蔵参年 吟醸原酒

駒泉の盛庄酒造店がこんなお酒を隠し持っていました(笑) 吟醸酒をじっくりと寝かせた3年古酒です。 もともと丁寧な酒造りで定評のある蔵元さんゆえ、この日本酒も とっても繊細な味わいとなっております。 大古酒にあるような極端な熟成感はありませんよ! 色はやわらかな琥珀色、香りはほのかな吟醸香の中に穀物のニュアンス。 味わいはやわらかな旨みの中にナッツのような香ばしさを感じます。 アル添吟醸にありがちなピリっと感はありません。 熟成によって水分子とアルコールが溶け合い調和しカドが取れています。 やさし〜い口当たりなので室温、もしくはぬる燗がおすすめかなぁ! 熟成酒、古酒は初めてだよ〜という方に入門酒としてイチオシです(^^)

鶴齢(かくれい) 特別純米酒 五百万石 寒熟 無濾過生詰原酒

南魚沼の銘酒「鶴齢」 従来皆さんが持つ新潟の日本酒の味わいとは一線を画す「濃厚で旨口な味わい」 その力強い味わいで全国的にファンの多い銘柄として有名です。 そもそも新潟の日本酒は全てが「淡麗辛口」ではありませんでした。 過去日本酒ブームが起こった際、県を挙げて淡麗辛口を推奨したことにより 新潟の日本酒の出荷量は飛躍的に伸びを見せました。 しっかりと炭素濾過をし、透明で水の如しが新潟の日本酒の代名詞でした。 しかしそれはもろ刃の剣、炭素濾過をすることで個性を失い どの銘柄を飲んでも劇的な違いは感じられなくなってしまったのです。 鶴齢の青木酒造は山間部の蔵元。昔から山仕事などを生業とする人が多かったため しっかりとした濃厚な味わいの日本酒が好まれてきました。 そう、青木酒造はブームに乗らず、地元で愛される日本酒を昔から醸し続けてきたのです。 それが今の時代になり「淡麗辛口の新潟において、濃厚旨口の鶴齢あり!」と称賛を受ける事となったのです。 無濾過シリーズは全国でも限られた特約店限定流通の銘柄です。 原料米には新潟県産「五百万石」を使用。 55%まで磨き厳寒の時期にじっくりと醸し上げられました。 やわらかに香るフルーティーな上立香、口に含むと濃厚な旨みと共に熟成によって生まれた まろやかな口当たり、のびやかな酸が全体を包み込みさわやかな喉ごしを演出しています。 常温、もしくはぬる燗もおすすめです(^^)/

陸奥八仙 大吟醸

八戸酒造が年末にお送りするスーパー限定銘柄 『陸奥八仙 大吟醸』が入荷いたしました! こちらは重厚な箱に入った贈答用にも最適なお酒です。 春に搾られたお酒をすぐには出荷せず、夏場低温でじっくりと熟成貯蔵。 味わいが乗ってきた秋口に限定的に出荷となりました。 艶やかな舌触りとすっきりとした喉越し。 透明感のある上品な甘みと旨み、やわらかな余韻が楽しめます。 味わいにカドは無く『どこまでも素直』といった印象。 クセも無く日本酒初心者の方や日頃日本酒を飲まれないと いったか方にも十分お楽しみいただける味わいです。 一升瓶、四合瓶ともに専用の化粧箱にてお届けさせていただきます。 無くなり次第販売終了とさせていただきます。

辻村酒店をフォローする
このエントリーをはてなブックマークに追加

©Tsujimura saketen, Inc. All Rights Received.