日本酒が探せる!隠れた地酒を全国へお届けするつじむら酒店

  • フリーワードで探す
  • 味で探す
  • 華香(上立香)
    含香(戻香)
    酒香
    熟成香
    老香(ひね)
    キレ味
    ピリ味
    酸味
    コク味
  • スマホdeつじむら

つじむら酒店からのお知らせ

▶ 『つじむら酒店からのお知らせ』はfacebookを利用して表示しております。表示されない場合にはご利用のブラウザでfacebookへのログインが必要です

今日の辻村酒店イチオシ

陸奥八仙 Mixseed(ミクシード) Series「燗 kan」木村の酒

八戸酒造ではこの度、杜氏の「駒井伸介」、蔵頭の「石橋伸也」が酒造技能士1級を。 蔵人の「中曽根恭介」、「足立洋二」、「木村賢太」の3名が酒造技能士2級をそれぞれ取得しました。 そこで今回、資格取得者である各人が挑戦したいテーマをそれぞれ設定し、想いのこもったお酒を皆様にお届けします。 銘柄名は「Mixseed(ミクシード) 」。 「混ぜる・交わる」を意味する“Mix”と、「種」を意味する“Seed”を併せた造語です。 これから芽を出す種のように、大きな可能性を秘めた若い蔵人たちが力を合わせ、それぞれが表現したいお酒を造ります。 ◆蔵人:木村賢太「木村の酒」 青森県蓬田村(よもぎ「た」むら)出身。1993年1月24日(26歳)。 趣味はバドミントンです。造りに入って今年で5年、担当は洗米と浸漬です。「何事にも熱意と責任感を持って」が私の酒造り・仕事のモットーです。 実家が米農家の私は今回、実家で収穫した「まっしぐら」を使ったお酒を造ります。目指す味わいは米の持ち味を引き出した旨味と酸味のバランスの取れた芳醇な酒。肌寒い時期に飲みたい燗向きのお酒を目指します。燗酒を飲み慣れていない方や若い世代のお客様にも温度帯によって変化する日本酒の面白さを感じていただけましたら幸いです。 今回の私のお酒を通じて地元の魅力もお伝えできればと思っています。 これからも皆様に愛されるお酒をお届けできるよう精進して参りますので、宜しくお願い致します。

陸奥八仙 RICEALE2019

杜氏の駒井伸介はビール大好き杜氏で有名です(笑) そんな彼が『お米でビールを造ろう!』という試みを始めて早4期目。 米・米麹・ビール酵母で醸した日本酒に、 数種類のアロマホップとビターホップを漬け込みました! これ、文章にするといたって簡単に思えますがかなりの手間暇が掛かっております。 ただでさえビールからは程遠い味わいの日本酒。 そこからあえてビールのような味わいを醸し出そうという試みは 一言で言って『変態』以外の何者でもありませんwwwww (本人はいたって真面目に変態行為を遂行しておりますが(笑)) 爽やかで華やかな香りと優しい甘味、後口に感じられる程よい酸味と 苦味はグレープフルーツを連想させます。 お酒の色はピンクがかった綺麗なオレンジ色。 シャンパンと同じ瓶内二次発酵で発泡性を持たせているため、 グラスに注ぐと泡立ちがとても綺麗です! ガッツリとホップの効いたIPAをちょっと飲みやすくしたイメージ。 キリッと冷やしてスパークリングワインのように、また少し常温に戻して エールビールのようにお楽しみください! 日本酒はこうであるべきという先入観は捨て、 真っ白でまっさらな心で味わってほしい一本です。 日本酒でこういう味わいを表現する事も出来るんです、やってもいいんです! 少々高価な一本ではありますが、某有名スパークリングワインなどの中には もっともっと高価なものがあるはずです。 あちらに出来てこちらに出来ない事があるはずはありません。 八戸酒造杜氏、駒井伸介が世に問う意欲作、 日本酒でビールでスパークリングな味わいを是非ご堪能ください!

如空(じょくう) しろうま 純米吟醸生 かすみにごり

《2020年1月23日入荷》 青森県上北郡五戸町、八戸酒造「如空蔵」から かすみにごりの新酒しぼりたてが入荷しました。 しろうまとはかすみにごり酒の俗称で同銘柄は長年この呼称で親しまれて参りました。 青森県産酒造好適米「華想い」を半分まで磨き贅沢に使用。 ほのかに醪から発せられる発酵ガスのような香りを感じます。 口に含むとおだやかな旨みがジワ〜っと広がります。 フレッシュ感と共にしっかりとした旨み(ちょっとカルピスっぽい)が楽しめます。 冷はもちろんの事、ぬる燗もおすすめな一本です!

辻村酒店をフォローする
このエントリーをはてなブックマークに追加

©Tsujimura saketen, Inc. All Rights Received.