日本酒が探せる!隠れた地酒を全国へお届けするつじむら酒店

  • フリーワードで探す
  • 味で探す
  • 華香(上立香)
    含香(戻香)
    酒香
    熟成香
    老香(ひね)
    キレ味
    ピリ味
    酸味
    コク味
  • スマホdeつじむら

つじむら酒店からのお知らせ

▶ 『つじむら酒店からのお知らせ』はfacebookを利用して表示しております。表示されない場合にはご利用のブラウザでfacebookへのログインが必要です

今日の辻村酒店イチオシ

富久福 michiko90 純米酒 火入れ

2017年9月、結城酒造さんのチャレンジタンク、michiko90の火入れ熟成が入荷いたしました! 精米歩合90%、つまり玄米から10%しか精米していない驚異の日本酒です。 さぞや雑味があるかと思いきや、そんなことはありません(゚Д゚)カッ! 熟成によって生まれた深みとコク、わやらかな旨み甘みを感じながらも 高めの酸が調和し全体をボリューミーに、弾力のある味わいに演出しています。 秋の深みをました食材と合わせてあげると絶妙にマッチします。 温度は冷、常温、ぬる燗もおすすめです\(^o^)/

	HATOMASAMUNE(鳩正宗) 純米酒 ワイン酵母仕込み 

青森県十和田市の鳩正宗から 『HATOMASAMUNE 純米酒 ワイン酵母仕込み』のご案内です! 鳩正宗さんはリンゴ酸酵母仕込みなど最近かなり“攻め”て来てますね〜!! あえてワイン用の酵母を使用したこの純米酒、香りはほのかに 甘酸っぱい味わいを連想させるような、そう、チェリーのような香り。 口に含むと甘酸っぱい旨みが口いっぱいに広がります。 甘酸っぱいと言っても顔をしかめるような酸っぱさではなく あくまでもやわらかく、それでいてキュートな酸味です。 日本酒度がマイナス23と極甘口にもかかわらず 酸度が3.4と高い事からバランスの非常に取れた味わいとなっております。 片方の数値だけ見てもダメなんですね、あくまでもバランス。バランス大事です! キリリっと冷やして、そうでね、ワイングラスでお楽しみください(^^)/

陸奥八仙・田酒 《華想い》 純米大吟醸 飲み比べセット

青森を代表する銘柄「陸奥八仙」と「田酒」 それぞれの銘柄が「華想い」を精米歩合「40%」で醸した純米大吟醸の飲み比べセットです。 どちらも華やかな香り、気品のある味わいで優劣の付けがたい味わいとなっております。 日本酒の味わいは水の違い、酵母の違い、そして何より杜氏の違いによって異なって参ります。 それぞれの杜氏の想いはどんな個性ある日本酒を生み出したのでしょう? 内容は田酒 純米大吟醸 百四拾を1本、陸奥八仙 純米大吟醸 華想い40を1本、 それぞれ720mlでのお届けです。 是非皆様の舌でその違いを感じてみてください。 ■華想いとは? 青森県で2006年に品種登録された酒造好適米です。 兵庫県「山田錦」と青森県産「華吹雪」を掛け合わせて開発された県内最高の酒造好適米で 酒米の王様と呼ばれる山田錦に匹敵する味わいを生み出す優れたお米です。

辻村酒店をフォローする
このエントリーをはてなブックマークに追加

©Tsujimura saketen, Inc. All Rights Received.