日本酒が探せる!隠れた地酒を全国へお届けするつじむら酒店

  • フリーワードで探す
  • 味で探す
  • 華香(上立香)
    含香(戻香)
    酒香
    熟成香
    老香(ひね)
    キレ味
    ピリ味
    酸味
    コク味
  • スマホdeつじむら
?????????????????

つじむら酒店からのお知らせ

▶ 『つじむら酒店からのお知らせ』はfacebookを利用して表示しております。表示されない場合にはご利用のブラウザでfacebookへのログインが必要です

今日の辻村酒店イチオシ

六根(ろっこん) ルビー 純米吟醸無濾過生酒

諸事情によりお休みしておりました 弘前市は齋藤酒造の六根、再開いたしました\(^o^)/ 今期より新体制での酒造りがスタート! 搾りたてを届けていただき期待を込めて利き酒いたしました。 そしてその味わいは・・・・・期待を裏切らなかった!!! ベテラン南部杜氏さんの陣頭指揮の元、蔵人一丸となって素晴らしい日本酒を醸してくれました。 各銘柄に宝石の名前が付けられた六根ブランド、こちらはルビー! 酒米には秋田酒こまちを使用。 ライチやマスカット、イチゴなどを思わせる甘み。 日本酒度としてはやや甘めですが、しっかりとした酸度が全体を起伏のある味わいに演出! スイーツなどとの合わせ技も大いにアリです。 冷、もしくはロックでお楽しみ頂ければと思います(^^)

ましろ 純米吟醸 生酒 北海道×秋田、時々青森

あれは2016年12月、函館フェリーふ頭で開催されたクリスマスマーケット。 こちらで北海道上磯郡知内町、帰山農園の帰山和敏、祐子ご夫妻とのご縁を頂きました。 「うちのお米で日本酒がつくりたい!」 地域おこしや話題作りのために、その土地の農産物やお米で 焼酎や日本酒を製品化してきた自治体を数多く見てきました。 体裁は整っているものの、どの商品も味わいに対するこだわりや ブランディングの方向性が見えないものばかり。 味は二の次、とにかく商品化というものが多く見受けられました。 しかし帰山さんは違いました。 とことんまでこだわり抜いた米造り。 今まで出会った農家さんの中でもその熱量は抜きんでていました。 AKITA雪国酵母(UT-1)を使った日本酒が希望との事で 私は秋田清酒さんとの橋渡し役をかって出ました。 秋田清酒さんは当店でも販売している「刈穂」「やまとしずく」を醸す秋田県の老舗酒造元さんです。 米に、水に、人にこだわり、確固たるコンセプトを持ち、一定水準以上のものでなければ市販しないこちらの蔵元さんであれば安易な商品化はしないはず。実際のお米を見て、そして人を見て酒造りを判断してくれる、そう踏んだのです。 その後、帰山さんと秋田清酒さんで話し合いの場が設けられ めでたく製品化の流れへと進む事になったのでした。 そして2019年・3月10日、めでたく上槽(搾り)を迎えました! ましろは伝統の生もと仕込みで醸した純米吟醸の無濾過生原酒です。 社長の伊藤洋平さんがしぼりたてを自ら利き酒をした結果、 下記のようなコメントが寄せられました。 「器の上に立ち上る香は派手すぎず凛とした印象で、口の中で感じる含み香も十分感じられます。華やかさとクールさが調和した香です。酸もきれいで清涼感があり、またお米由来の旨味も程良い存在感があると思います。あと味、喉越しは軽快に感じます。」 こちらの銘柄を北海道以外では当店でも販売いたします。 農業家、帰山和敏、祐子夫妻の熱量と共に是非とも味わってみてください! 《生酒につきクール便推奨》

陸奥八仙 URARA for spring

ウ〜ララ ウ〜ララ ウ〜ラウラで〜 ウララ〜 ウララ〜 ウラウラよ〜 という感じの陸奥八仙です。 というのは冗談で(笑) 春にピッタリの味わいの陸奥八仙が入荷しました。 その名も「URARAラベル」でございます! ラベルをデザインしたのは八戸酒造の企画広報担当の今川和佳子画伯。 お酒の味わいを表現しようとした結果こうなったそうですw 素晴らしい画力wwwwww さてさて、味わいはというと陸奥八仙の名に恥じぬ華やかでさわやかな味わい! コク、甘み、キレの絶妙なバランスは蔵元の極秘製法によるもの。 精米歩合、用いたお米もあえて非公開。 深く詮索はするまい・・・・美味いんだからいいジャン!! その名の如く踊り出したくなるような味わいです! 花見の席が盛り上がること請け合いな一本です。 もちろんご自宅で、お店で、いかなる場所でもお楽しみください! うらら〜

辻村酒店をフォローする
このエントリーをはてなブックマークに追加

©Tsujimura saketen, Inc. All Rights Received.